弘済会について

ご挨拶

就任のごあいさつ

公益財団法人 日本教育公務員弘済会岡山支部 支部長 竹井千庫
このたび、門野八洲雄前支部長の退任に伴い、岡山支部長に就任いたしました竹井千庫と申します。甚だ微力ではございますが、最善を尽くして職務に精励いたす所存でございますので、何卒前任者同様格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
さて、日本教育公務員弘済会は、戦後の教職員の生活の安定と教育の振興を目的に昭和27年に静岡県で誕生し、岡山県ではその翌年に設立され、公益・福祉・共済の事業を展開してきました。
共済事業の主たるものは、ジブラルタ生命保険株式会社と提携し、教職員のために開発された有利な「教弘保険」の提供です。現在、全国で約54万人、岡山県では1万3千人を超える方々が加入されています。岡山県では、現職の教職員の6割近くの方々にご加入いただいております。まだ加入されていない方は、是非ご検討いただければと思います。
弘済会では、この教弘保険を取り扱うジブラルタ生命保険株式会社から日教弘本部に入る契約者配当金等を原資として、広く青少年の健全な育成に資するために、奨学事業や学校研究助成事業、教育文化事業などの教育振興事業(公益事業)や、教弘保険加入の会員を対象とした結婚祝や出産祝、宿泊補助、検診補助、会食補助などの福祉事業を実施しています。
こうした事業の活用で、「教弘保険」のメリットが一層拡大することになります。学校を訪問する弘済会の参事やジブラルタ生命の教弘担当者にお気軽に声をおかけください。今後とも、一層皆様のお役に立てる弘済会を目指して努力してまいります。

設立の経緯

公益財団法人日本教育公務員弘済会(日教弘)は、戦中から戦後にかけての社会の混乱の中、「教職員の生活の安定を図ることが教育界の復興につながる」という信念のもとに設立された全国組織です。
以後、「教育に携わる仲間たちの“たすけあい”の輪を広げよう」という共通の理念のもと、教育振興事業(奨学事業・教育研究助成事業・教育文化事業)、福祉事業、共済事業(提携保険事業)の3つの事業を柱に活動を展開しています。
また、日教弘は平成24年4月1日に公益財団法人としてスタートし、教育振興事業の更なる充実と教育関係者の福祉向上に努めて参ります。

目的と事業

日教弘は、青少年の健全な育成に資するため、有為の学生・生徒に対する奨学資金の貸与及び給付、教育一般の特に有益な研究に対する助成等を行い、教育、文化の向上、発展に寄与するとともに、教育関係者の福祉向上を図ることを目的とします。
1)有為の学生・生徒に対する奨学資金の貸与及び給付
2)教育一般の特に有益なる研究に対する助成
3)教育、文化の振興に対する支援
4)教育関係者の福祉向上に関する事業
5)その他目的を達成するために必要な事業

日教弘会員について

日教弘では、教育機関に勤務する教職員及びこれに準ずる方、又はこれらを退職された方で、日教弘の趣旨(目的と事業)に賛同していただける方を会員としています。
会員の皆様には、「日教弘ライフサポート倶楽部」のサービスが受けられる会員証を配布するほか、各支部独自の福祉事業も実施しています。
footer image

岡山支部の沿革

S24 戦後の混乱と疲弊の続くなか、静岡県において保障と貯蓄を事業とした「静岡県弘済貯蓄組合」結成。
S25 協栄生命保険株式会社との提携により「静岡県教育公務員弘済会」と改組、今日の「日教弘」の原点となる。
S27 「日本教育公務員弘済会」設立(7月1日)。
S28 岡山県で教弘設立準備委員会組織。
「岡山県教育公務員弘済会」発足(日教弘4番目の支部となる)
理事長に県教育委員野崎正衛氏が就任。
事務所を県教委総務課内に置く。
S30 文部省(当時)財団法人日本教育公務員弘済会設立許可(7月6日)。
S33 46都道府県支部結成なる。
S36 岡山県新教育会館建築落成。事務所を新教育会館に移転。「有限会社住吉商事」の設立総会開催。代理店設置を正式に決定。社長に野崎正衛氏を選出。
S37 日教弘創立10周年記念式典挙行。
S38 岡山県教育職員互助組合と合同で本会創立10周年記念式典挙行。
S45 岡山県教育公務員弘済会と財団法人岡山県教育会館との合併を正式決議。
S47 日教弘創立20周年記念式典挙行。
教弘会館建築起工。本会創立20周年記念式典と教弘会館落成式を挙行。
S48 全国47都道府県・支部組織完成。
S57 日教弘創立30周年記念式典挙行。会館倉庫建設。
S58 本会創立30周年記念式典をまきび会館で挙行。
S63 本会の名称を「岡山県教育弘済会」に変更。
H1 理事長野崎正衛氏死去。
H2 第2代理事長に川上亀義氏が就任。
H4 日教弘創立40周年記念式典挙行。
H5 本会創立40周年記念式典挙行。
野崎初代理事長胸像除幕。
第3代理事長に竹内康夫氏が就任。
H9 駐車場用地415㎡及び311㎡買収。
H11 駐車場用地教弘会館隣地他買収。
H12 共済事業提携会社協栄生命保険株式会社が経営破綻により会社更生法、更生特例法を申請(10月20日)
H13 旧協栄生命は、ジブラルタ生命保険株式会社として新しくスタート(4月3日)
H14 日教弘創立50周年記念式典挙行。
H15 本会創立50周年記念式典挙行。
H17 教育会館・教弘会館改築検討委員会発足。
H18 第4代理事長に黒瀬定生氏が就任。
H21 本会の名称を「岡山県教育会」に変更。(12月1日)
H22 岡山県教育会は、日教弘岡山支部に奨学貸付基金等財産寄付、主たる事業を譲渡するとともに、日教弘との提携を解消(3月31日)
日教弘岡山支部が、日教弘の実質的支部として新しくスタート。
H24 日教弘、公益財団法人へ移行。(4月1日登記)
H25 岡山支部長に門野八洲雄氏が就任。
H30 岡山支部長に竹井千庫氏が就任。
▲ページ上へ戻る
PDFの表示/印刷にはAdobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerのダウンロード
・Adobe Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。
・Adobe Readerのご利用に際しましては、インストール中に表示されるエンドユーザ使用許諾契約をご理解の上ご使用ください。
・Adobe Readerの使用方法は、ソフトウェアに組み込まれているヘルプ情報をご覧ください。